ここから本文です

岩手新事業創造ファンド1号

目的

東日本大震災からの復興に取組む岩手県のベンチャー企業や、全国で活躍する岩手県出身者の岩手県での事業活動の創出支援、また、イノベーションの創出に取組む岩手県の企業への投資を目的としております。岩手県の経済活性化を促し、ひいては地方創生の先進地域としてロールモデルとなるべく運用してまいります。

ファンド概要

名称 岩手新事業創造ファンド1号投資事業有限責任組合
設立 平成27年6月12日
ファンド総額 10億円
出資者 [有限責任組合員]
株式会社岩手銀行
学校法人龍澤学館
辻・本郷税理士法人

[無限責任組合員]
いわぎん事業創造キャピタル株式会社
事業創造キャピタル株式会社
期間 投資期間7年、存続期間10年
(但し、必要があれば、期間の満了日から1年毎に最長2年間の延長を行うこともあります)

投資方針

岩手県の経済の活性化に寄与することが期待される以下の企業について、投資を通じて育成を行い又は事業を支援することにより、組合契約期間中にこれらの企業の企業価値を向上させ、株式公開、株式譲渡、自己株式取得等により投資資本額以上の回収を図るよう努めます。

(1)岩手県のベンチャー企業
(2)岩手県出身者等が経営する岩手県外のベンチャー企業
(3)岩手県の企業等でイノベーションの創出を目指す企業
(4)そのビジネスモデルが今後岩手県にとって参考になりうるような岩手県外企業

Fund

いわぎん事業創造キャピタル

〒020-0021岩手県盛岡市中央通1-2-3