いわぎん事業創造キャピタル

メニュー

お客様の声

岩手から世界へ。
IoTを牽引する位置測位システムを発信

代表取締役 
水野 節郎

株式会社 イーアールアイ

新たなプロダクト開発を支えてくれるファンド。
地域や企業の実情を理解した上での
アドバイスにより、企業のプレゼンスも高まっています。
新たな事業提案と得られたネットワークを強みに
次の10年に向けた事業戦略が描かれはじめています。

会社・事業について

 弊社は近距離無線技術事業を中心に、プリンタ関連、センサー応用機器など多様な組み込み機器関連のものづくりを展開してきました。最大の強みは、組み込み技術の三大要素(ファームウェア、ハードウェア、メカニズム)を自社内でワンストップ開発できること。2012年には初の自社開発商品として、Bluetoothを利用したスマートフォン向け情報配信端末「BLUETUS®︎(ブルータス)」を世界に向けて発表。以来、弊社のフラッグシップ製品としてIoTテクノロジーの進展に貢献してきました。

 開発企業として大学や研究機関とさまざまなプロジェクトにも取り組んでおり、BLUETUS®︎の技術を応用した屋内位置測位システム「BLEGONIO®︎(ブレゴニオ)」は2017年、国際的コンペティションで世界3位に入賞。さらに2年前から取り組んできた「InQross®︎(インクロス)」はスマートフォンもゲートウェイも使わない画期的な位置測位システムであり、数多くの県内企業との実証実験を経て2020年度中の商品化を目指しています。

 弊社の目標は、岩手に根ざし、世界へ向けてオンリーワンの技術を発信していくこと。次の10年に向け、新たな自社ブランドづくりを加速させていきます。

キャピタルについて

企業として次の10年を見据えたとき、BLUETUS®︎に続くプロダクト開発に取り組んでいきたいと考えてきました。現在、弊社の事業のおよそ9割は受託開発ですが、自社開発商品の割合を5割程度まで高め、さらなる成長を目指したい。この思いを後押ししてくれるのがファンドであり、2017年にいわぎん事業創造キャピタルから投資を受けたことで経営基盤はより強固になりました。

資金のみならず、弊社のチーム事業へも出席をいただくなかで様々な発表や提案などを受ける機会があり、企業のプレゼンスを高めることもできました。岩手銀行が参画するファンドであるだけに地域や企業の実情をよく理解した上で踏み込んだアドバイスをいただけ、銀行のコネクションを活かした投資先やスキームをベースに、県内外に新たな事業提携も生まれています。地域に根ざしたファンドの広いチャネルを利用できるのは、事業戦略上の大きなメリットといえます。

今後の事業・会社について

BLUETUS®︎をきっかけに、弊社ではBLEGONIO®︎そしてInQross®︎という新たな屋内位置測位システムを開発しました。なかでもInQross®︎はスマホを使用せず、かつ大掛かりなシステム設定を要しないため、工場や倉庫など、人の動きが多い環境において即戦力になると考えています。InQross®︎で人やモノの位置情報や状況確認を可視化することで、人手不足や少子高齢化など社会問題の解消にもつながっていくと考えますし、病院や介護施設では「見守り」という新たな展開も期待できるでしょう。システムの強みを最大限に活かし、ターゲットを見きわめながら販売を展開していきます。

技術者集団である弊社が、今後取り組むべきは営業力の向上です。2019年4月には自社初の販売子会社「ムセンコネクト」が誕生し、カスタム開発にも対応した無線モジュールの販売がはじまりました。さらにファンドのネットワークを最大限活用し、会社の枠組みにとらわれないチャネルを開拓していければ新たな開発のチャンスも広がっていくと考えています。

企業名 株式会社 イーアールアイ
代表者 水野 節郎
郵便番号 020-0125
住 所 岩手県盛岡市上堂三丁目8番44号
電 話 019-648-8566
F A X 019-648-8224
企業ホームページURL https://www.erii.co.jp
一覧に戻る
© Iwagin Jigyo Souzou Capital Co.,Ltd.